トップページ > ナースセンター > ナースセンター事業について

ナースセンター事業について

ナースセンターは、1992年に「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基いて設置されました。長崎県ナースセンターは、長崎県の委託を受けて事業を行なっています。
事業内容は、ナースバンク事業、訪問看護支援事業、「看護の心」普及事業で、具体的には下記の事を行なっています。

就業に関する相談支援

就職先を探している看護職者(求職者)と、看護職者の雇用を希望している施設(求人施設)に、夫々登録して頂いたうえで、無料の職業紹介を行なっています。

詳しくは「お仕事探し・人材探し」をご覧ください。

新しい医学・看護に関する情報の提供

離職期間が長い、あるいは再就職に不安がある、という方のために最近の医療・看護の状況など、情報の提供を行なっています。

詳しくは「研修会・講習会」をご覧ください。

未就業看護職員の把握

ナースセンターに登録されている未就業の方に、就業希望の時期・就業条件などを再調査し、就業への案内・紹介に努めていきます。

看護職員離職者調査・看護職員需要調査

毎年度初めに、各施設における看護職者の需要数と、前年度に離職した看護職者について調査を行います。

訪問看護支援事業

看護や医療が必要になっても住み慣れた地域で暮らし続けられるように、訪問看護が行われています。
これからますます求められる質の高い訪問看護師を養成するため、「訪問看護師養成講習会」等の開催や、訪問看護に関する支援事業を行なっています。

詳しくは「研修会・講習会」をご覧ください。

看護業務のPR事業及び進路相談の実施

将来、看護の道に進みたい学生・社会人のために、進路相談や看護職員のキャリアアップに関する相談も行なっています。
また、毎年8月頃に、看護学校と高等学校より先生をお招きし、進路についての懇話会を行なっています。

「看護の心」普及事業

メインテーマは「看護の心をみんなの心に」
気軽に看護にふれていただける楽しい行事を各地で行なっています。

詳しくは「看護の日・ふれあい看護体験」をご覧ください。
このページのトップへ