トップページ > ナースセンター > 看護師等の届出制度について

看護師等の届出制度について

看護師等の人材確保の促進に関する法律(以下、人確法)の改正により、離職時等に看護師等免許の保持者がナースセンターへ自身の情報を届け出ることが、2015年10月1日より努力義務化されました。

看護師等の届出制度は、看護職(保健師、助産師、看護師、准看護師)の復職支援を円滑に行うため、ナースセンターへ看護職が離職時等に届出を行う制度です。離職した看護職の状況をナースセンターが把握することで、復職を希望する方の支援やご自身に合う病院の紹介、生活に合わせた働き方の提案が可能になります。また、結婚・育児等で長期間現場を離れて現場への復帰が不安な方にも、最新医療の技術研修等を用意し、職場復帰しやすい環境を提供します。
届出票は各施設に配布しておりますが、必要な場合は送付も致します。

届出は「とどけるん」から登録できます
届出票は「用紙ダウンロード」から印刷できます。

人確法の中で、病院等の開設者および保健師、助産師、看護師、准看護師の学校及び養成所の開設者は、届出が適切に行われるよう、必要な支援を行うよう努めることが明記されています。具体的な支援の一つとして、就業先等がナースセンターへ届出対象者を取りまとめて届け出る代行届出があります。
(代行届はeナースセンターから一括で行うことも可能ですが、この場合はeナースセンターへの登録が必要です)

長崎県ナースセンターでは、復職意向の確認、スムーズな情報収集や支援のため本人届出用の届出票の利用をお願いしています。そのため、本人が登録または提出、代行届出の場合も本人届出用の届出票を利用して頂くようご協力をお願いして、郵送およびFAXでの提出をお願いしております。

このページのトップへ