ナースネット長崎

相談窓口0957-49-8055

ホームナースネット長崎とは

ナースネット長崎とは

近年、高齢者の増加、価値観の多様化に伴い、病気を持ちつつ可能な限り住み慣れた場所で自分らしく過ごす事が求められています。

また、入院期間の短縮や医療依存度の高い方の在宅療養者が増える中、訪問看護の現状は、訪問看護師の不足により新規利用者の受け入れが困難であったり、訪問看護について理解されてない状況に有りました。

このような状況を改善するために、長崎市訪問看護ステーション連絡協議会では、小規模な事業所が協力して、活動を内外に広報するとともに、訪問看護の質向上を目指し、地域における訪問看護の役割を果たす目的で、2008年8月ナースネット長崎を立ち上げ、訪問看護の需要と供給の調整や、病院と地域をつなぐ看看連携の強化を図り、スムーズな在宅移行につなげ、また、地域住民やケアチームへの広報、在宅療養についての相談助言をとおして、必要な人に必要な量の、質の高い訪問看護の提供が出来るよう活動しています。
2013年8月から公益社団法人長崎県看護協会訪問看護推進委員会が、事業を引き継ぎ活動しております。