トップページ > 協会の概要 > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

平成26年6月1日
公益社団法人 長崎県看護協会
会長 副島 都志子



職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間

平成26年6月1日から平成31年5月31日までの5年間


2.計画の内容

【目標1】期間:平成26年6月1日~

年次有給休暇の取得率を前計画期間の5%アップを目指す。

「対策」

(1)前計画期間の各職員の有給休暇取得状況を把握する。

(2)有給休暇の計画的な取得に向けて、各部・各事業所の管理職に対して、定期的な職員の取得状況の報告と取得促進についての指導を徹底する。


【目標2】期間:平成26年6月1日~

ノー残業デーの実施を図る。

「対策」

(1)毎週水曜日をノー残業の日とし、管理職員への指導の徹底と全職員への周知を図る。

このページのトップへ